モグニャン 100円モニター 半額

モグニャン本商品が半額で買える!100円モニターも本当はタダ!?

 

みなさんは、モグニャンというキャットフードをご存知ですか?

 

カナガンと同じレティシアンという会社が販売しているドライフードなのですが、現在100円お試しモニターを実施中と聞いたので、早速調べてみることにしました!

 

>>今すぐ100円モニターに参加したい方はこちら

 

モグニャン100円モニターは先着1,000名様。本商品を半額で買えるのは先着300名様限定となっています。ですので、早い者勝ちとなりますので申し込みは早めにどうぞ!

 

 

実はこの100円モニター、以前カナガンでもやっていたんですね。

 

結構ネット上でも話題だったので、申し込んだって飼い主さんもいらっしゃるのでは?

 

そもそもモグニャンがどういうフードかというと、話題のグレインフリー(穀物不使用)のドライフードです。

 

カナガンと比べてみると、人が食べられる原料を使っているということは同じですが、
主原料がチキンではなく白身魚63%で、脂質やリン、エネルギーもカナガンより抑えられています。

 

カナガンが若くて元気な猫ちゃんの健康維持に最適だとしたら、モグニャンは成熟(?)した大人猫の体に優しいフード、というイメージでしょうか?

 

申し込みは簡単、、なんですが、カナガンのときにも思ったけどこの申し込みページ、正直怪しい・・笑

 

もしかするとこのページの怪しさでUターンしちゃった人もいるんじゃないかって、いいキャットフードなのにもったいない、、と一人で勝手に心配になるぐらいです。

 

まず申し込みページでお届け先やお名前など基本情報を入力してポチっとすると、お申し込み内容確認画面へ。

 

すると、「次回本商品(1.5kg)のお届けを仮予約(キャンセル自由)していただきますと、今回の代金100円を無料にさせていただきます!」と。

 

なんと!

 

しかも、その次回本商品も半額の上送料無料です。と!

 

 

これはモニターから本登録まで続けてもらえるという自信の表れでしょうか。

 

念のため、仮予約の解約は非常に簡単です。

 

モニターが届いてから10日ほどで本商品が発送されるので、それより前に会社に電話で連絡くださいとのこと。

 

電話番号:0570-200-012
メールアドレス:info@laetitienpet.com

 

詳細はモニターに同封されているチラシにも書いてあります。

 

仮予約は4週間で1袋配送の登録になっているので、続ける場合にもウェブサイトのマイページからお好みの周期に変更するのをお忘れなく!

 

 

 

 

結果、モグニャン100円モニターは実質無料!ということが判明しました!

 

本商品購入へのしつこい勧誘などもないので、とりあえずは定期コースへの仮予約をして申し込むことをお勧めします。

 

モニターを試したときの猫ちゃんの反応によって、一袋半額で試してみるか、解約するか、じっくり判断してあげてください。

 

お猫様に向かって「お得だから食べて!」とは口が裂けても言えませんが、無料モニター+一袋半額は、猫ちゃんに合うかどうかを判断するには十分だと思いませんか?

 

 

>>今すぐ100円モニターに参加したい方はこちら

 

 

モグニャンキャットフードの原材料から愛猫への危険度をチェック!

 

グレインフリーのプレミアムキャットフードとして知名度を上げているモグニャン。

 

本当に原材料に危険はないのか、飼い主さんなら試す前に気になるところですよね?

 

今回は、モグニャンキャットフードの原材料の危険性について、詳しく見ていきたいと思います!

 

そもそもモグニャンは、英国のプレミアムフード「カナガン」の輸入販売元でもあるレティシアンが、原材料や栄養バランスなどをイギリスの工場と研究しながら完成させたドライフードです。

 

つまり、製造はイギリスですが、レシピは日本生まれなんですね!

 

さて本題です。

 

日本生まれのレシピで製造されるモグニャンの原材料は、ずばり白身魚!

 

モグニャンは63%白身魚使用で、さらにこのお魚はすべて人間が食べられるものなのです。

 

サーモンや赤身でもない、白身魚のフードってなかなか珍しい気がしますね!

 

でも実はタラなどの白身魚は、猫にとってとても良いとされているんです。

 

人間にも言えることですが、白身魚は高たんぱく・低脂肪。消化吸収にも良いとされています。

 

猫は肉食ですので多くのたんぱく質が必要な体ですが、室内飼いされている子たちへは脂肪が多すぎると肥満の元になる恐れがありますよね。

 

そんな現代のペット猫ちゃんたちにとって、白身魚をメインにしたフードは理想的ともいえるのではないでしょうか?

 

また、香りが強いように感じますが、人工着色料や香料はまったく使用されていません。

 

サーモンオイルやフィッシュスープは使っていますが、原材料のみであの香りとは少し驚きです。

 

保存料に関しても自然由来のビタミンEを配合しており、人工添加物による危険性はないようです。

 

その他の原材料も、サツマイモ、豆類(エンドウ、ひよこ、レンズ)、ヒマワリオイルなどなど、猫にとって必要な栄養素をバランスよく配合しています。

 

 

小麦などの穀物を使わない分、必須栄養素である炭水化物をサツマイモから摂取できるようになっています。

 

今回調べてみた結果、モグニャンキャットフードには猫にとって危険な原材料は見当たりませんでした。

 

逆に、モグニャンが危険だったら他のフードも危なすぎてあげられません!と言っていいほど厳選された原材料が使われています。

 

もちろん、そのこだわりの分だけ市販フードよりはお値段が高いです。

 

でも、自分の家族としてかわいがっている愛猫には、危険がないと言い切れるフードを食べてもらいたいというのが親心ならぬ飼い主心ですよね!

 

 

モグニャンで腎臓病予防ができる?理由とその効果とは?

 

猫にとっての一番の大病である腎臓病。

 

6,7歳を超えて人間でいう50代の中高年になってきた猫ちゃんには、元気そうに見えても腎臓への負担がじわじわ広がっている可能性が大。

 

そして不幸にも慢性腎不全などの腎臓病と診断されてしまうと、どんなお薬でも治療でも腎機能を快復させることはできないのです。

 

愛する猫ちゃんにずっと健康で寿命を全うしてもらいたいというのは、すべての飼い主さんたちの願いですよね。

 

そこで今日は、猫の腎臓に優しいフードといえるモグニャンについて、腎臓病予防に良いといわれる理由と効果についてみていきたいと思います!

 

ポイント1:たんぱく、脂肪ともに高すぎない白身魚使用

モグニャンの原材料は63%が白身魚ということで、バランスの取れた栄養価を実現しているんです。

 

白身魚は他のチキンやビーフなどの肉類に比べてたんぱく・脂肪ともに抑えめ。

 

動物性たんぱく質やそれに付随するリンは、取りすぎると腎臓への負担がかかるといわれていて、必須ですがバランスに気をつけなければいけない栄養素なんです。

 

猫は肉食ですから当然動物性たんぱく質は必要なのですが、中高齢になっても取りすぎを続けるとじわじわと腎臓に負担がかかってしまいます。

 

モグニャンは、必要なたんぱく・脂肪を配合しながら取りすぎは抑えてくれる、絶妙なレシピだといえます。

 

ポイント2:豊富なオメガ3配合

もう一つのポイントは、オメガ3という脂肪酸が豊富に配合されているということ!

 

オメガ3脂肪酸とは、オメガ6と同じく体内で自然に作ることができない脂肪酸の一種です。

 

この二つをバランスよく取ることで、毛並みや皮膚の美しさや血管の保護に役立つといわれています。

 

モグニャンに含まれるオメガ3は2.08%。

 

ちなみに他のプレミアムフードと呼ばれるカナガンには0.82%、ロイヤルカナン(インドア成猫用)には0.53%と、その差は歴然。

 

この豊富なオメガ3脂肪酸が、血管を柔軟にしたり血液をさらさらにしてすることで、腎臓の血管にかかるダメージを低減してくれるということなんですね。

 

以上、モグニャンが腎臓病予防に良いとされる理由の一端をご紹介しました。
ただし、注意してくださいね!

 

モグニャンは、すでに腎機能が落ちていて腎臓病と診断された猫ちゃんへの療養食とはまったく違います!

 

腎臓に良いからといって、獣医さんに指示された療養食の替わりにモグニャンを、とは絶対に考えないでくださいね!

 

モグニャンの配合は、愛猫の腎臓を健康に保っていくのに理想的なレシピといえそうです。

 

将来、愛する家族が腎臓病に苦しむ可能性を少しでも減らすために、試してみる価値はあるかも?

 

 

肥満を防ぐ大事な作業!正しい給与量のモグニャンを愛猫に

 

愛猫家のみなさん、話題のプレミアムフード、モグニャンをご存知ですか?

 

モグニャンは、猫にとって理想の栄養素を詰め込んだ日本生まれのレシピを、イギリスの一流工場で生産したプレミアムキャットフードです。

 

グレインフリーと呼ばれる穀物不使用のフードで、人間も食べられる白身魚を63%も使用した贅沢なフードなんですね。

 

ただし、どんなにいいフードでも、あげすぎて愛猫がまんまる肥満になってしまっては元の木阿弥。

 

ここではモグニャンキャットフードの適切な給与量について書いていきたいと思います!

 

子猫 (離乳後〜1歳)

日々成長する子猫の時期には、猫はたくさんの栄養を必要とします。

 

月齢別に、
離乳後〜2ヶ月:35〜50グラム 2〜3ヶ月:50〜60グラム 3〜4ヶ月:60〜70グラム
4〜6ヶ月:70〜80グラム 6〜10ヶ月:80〜90グラム 10〜12ヶ月:90〜100グラム

 

 

上記のように、体が成長するにつれて毎月のように給与量が増えていきます。

 

これは1日あたりの給与量なので、食事の回数にあわせて分けてあげてくださいね。

 

成猫 (1歳以上)

1歳以上の成猫さんへは、体重ごとに
2.5キロ未満:35〜45グラム 2.5〜3.5キロ:45〜55グラム 3.5〜5キロ:55〜70グラム
5〜6.5キロ:70〜85グラム 6.5〜8キロ:85〜110グラム 8〜10キロ:110〜130グラム
となります。

 

標準体重の猫ちゃんだと3.5〜5キロの範囲に入るかなと思います。

 

各体重で幅がありますが、これはお宅の猫ちゃんの食べ具合や、やせ気味/ぽっちゃりなどの体型に合わせて調整してあげてくださいね!

 

また、6,7歳以上の中高齢の猫ちゃんへは、さらに体調を見ながら調整してあげてください。

 

吐き戻したり、下痢が続いたりするようだと、エネルギーが過剰になっているかもしれませんし、
また腎臓病を発症してしまうと、モグニャンに限らず通常のフードはたんぱく質や脂質が負担になってしまう危険性があります。

 

少しでも体調に変化が見られるようなら必ず獣医さんに相談していただきたいと思います!

 

モグニャンのカロリーは100グラムあたり374kcalと、驚くほど高いカロリーではありません。

 

ただしその美味しさから給与量以上に欲しがってしまう猫ちゃんもいるかもしれませんので、
体重あたりの給与量を守りながら、愛猫の健康と、理想の体型維持を目指したいものですね!

 

 

モグニャンの口コミに注意!結局モグニャンは猫にとって安全なの?

 

通信販売のみで入手できるプレミアムキャットフード、モグニャン。

 

ネット上では良い、悪い、さまざまな口コミが見られますよね?

 

愛猫の体にいいと聞くから試してみたいけど、悪い口コミがあるから不安・・

 

そんな方のために、モグニャンについての高評価・低評価、両方を取り上げてみましょう!

 

まずは高評価からご紹介!

  • 好き嫌いのはっきりしているうちの猫もしっかり食べる
  • 下痢も状態異常も一度もなく、安心してあげられる
  • 毛艶がよくなり、皮膚炎が快復した

特に、お魚好きの猫ちゃんの食いつきはとても良さそうです。

 

毛艶や皮膚炎の快復は、成分に含まれているオメガ6、オメガ3の効能かもしれませんね!

 

さて一方、低評価はというと・・

  • 便が緩くなったり、ひどい下痢をした
  • 好き嫌いのない猫なのに、まったく食べなかった

なんと、高評価と真っ二つの低評価が並んでいます!

 

では、モグニャンは本当に危険なフードなのでしょうか?

 

当然、フードの好き嫌いについては個体差が大きいので、すべての猫がガツガツ食べるフードは逆に人工香料などを疑ってしまいますよね。

 

新しく買ったフードを食べてもらえるかどうかは、何年・何匹猫を飼っているベテラン飼い主さんでも分からないことなんです。

 

モグニャンは白身魚を主原料としていますが、魚肉は他の獣肉に比べてアレルギーは出にくいといわれています。

 

また、人工添加物も使っていませんし、原料表を見ても猫が病気になるようなものは含まれていません。

 

 

軟便や下痢は、フードの切り替え時にはよくあることで、一時的な下痢はあって当然、くらいに思ったほうが良いと思いますね!

 

胃腸をびっくりさせないように、1〜2週間をかけてゆっくり少しずつ切り替えをしていくのがコツですよ!

 

もちろん、ずっと下痢が続いたり、血便が出たりした場合にはすぐに病院へ。

 

いくら良い原料のフードでも、お宅の猫ちゃんの体に合わないのなら残念ですが使用をやめましょう!

 

もちろんネットの評価は一つの参考にはなりますが、実際に食べるかどうかを決めるのはお宅の猫ちゃんです。

 

どんなフードでも、飼い主さん自身がきちんと情報収集し、注意深く試してみないことには良し悪しは分かりませんよね!

 

わたしたち飼い主がいつも「フード探しアンテナ」を高くはっておくことが、愛猫ちゃんがぴったりのフードに出会えるかどうかの鍵になると思います!

 

 

プレミアムフード比較!モグニャンとカナガンはどっちがどうなの!?

 

モグニャンとカナガン。

 

プレミアムフードと呼ばれるキャットフードはいくつかありますが、この二つは愛猫家さんたちのあいだでもかなり有名になっていますよね。

 

実はこの二つのフード、取り扱っているのはどちらもレティシアンという同じ会社なのです。

 

どちらも愛猫の体のことを考えて作られているフードですが、今日はこの二つのフードの特徴について、比較しながらまとめていきたいと思います。

 

どちらを試そうか迷っている、という方はぜひ参考に読んでみてくださいね!

 

まずはカナガンについて。

 

日本で販売されているカナガンは、チキン味です。乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%を使用。

 

合計で60%超ですね!

 

そして、トウモロコシや小麦などの穀物の代わりに、消化しやすいサツマイモを炭水化物のもととしています。

 

人工香料・保存料などの人工添加物も不使用で、かなり質の高いフードだといえます。

 

一つ注意したいのは、チキンアレルギーの猫ちゃんにあげると反応を起こしてしまう可能性があるということです。

 

また、獣肉を使っているためタンパク質37%、脂質20%、リン1.4%と、高たんぱく・高脂質です。

 

100グラムあたりのカロリーも約390kcalと高いので、運動不足や高齢の猫ちゃんの体にはエネルギーが余ってしまうかもしれません。

 

リンが少し高めなので、気付かないうちに腎臓や排尿器官が弱ってしまっている猫ちゃんには負担がかかってしまう可能性もあります。

 

若くてパワフルな猫ちゃんの健康維持にとっては理想的なフードだと言えそうです!

 

一方モグニャンの原材料は、白身魚63%。

 

白身魚はチキンやビーフなどの獣肉と比べてたんぱく・脂質ともに抑えられるという利点があります。

 

実際成分を見てみると、タンパク質30%・脂質16%・リン0.53%(会社への問い合わせより)となっています。エネルギーは100グラムあたり約374kcal。

 

確かにカナガンよりも全体的に抑えられていますね!

 

また、近年腎臓に良いといわれ、猫用サプリなども作られているオメガ3脂肪酸。

 

カナガン0.82%に対して、モグニャンは2.08%!

 

当然オメガ3も取りすぎは良くない成分なのですが、人間も猫も体内で自力で作り出せない脂肪酸の一種なので、これが入っているキャットフードというのは大注目なのです。

 

結果、モグニャンの原料・成分は同じく上質なカナガンと比較しても、よりバランスの取れた全ライフステージ向けのレシピだといえそうです。

 

カナガンの高タンパク・高脂質が合わないおとなしめの猫ちゃんでも、モグニャンを試してみる価値はあるのではないでしょうか?

 

腎臓病予防という意味でも、たくさんのフードの成分を見比べてみて、今の愛猫の状態に合ったフードを見つけてあげたいですね!

 

 

お財布にやさしく!モグニャンキャットフードを最安値で買うヒントをご紹介!

 

プレミアムキャットフードの一つとして知名度をあげているモグニャンキャットフード。

 

プレミアムっていい響き・・・でも、値段もプレミアム!(涙)

 

という愛猫家さんも多いのではないでしょうか?私もその中の一人です。。

 

もちろん、愛猫は家族ですから、食費節約と健康を天秤にかけて家族の健康を取らない飼い主さんはいないと思います。

 

いないと信じたいです!

 

愛猫の健康のためにプレミアムキャットフードの購入を考えているけどできるだけ安く・・という愛猫家のために、モグニャンキャットフードを最安で買える方法をご案内します!

 

1. 店頭販売

みなさん、ペットショップやホームセンターでモグニャンを見かけたことはありますか?

 

私がそうなのですが、初めてのものを買うときはネットじゃなくて実物を見てみて・・という方もいるかと思います。

 

でも、いくら探しても店頭ではモグニャンの取り扱いがありません!

 

理由は、人工添加物を使用していないモグニャンだからこそ。

 

生産から輸入、そこに日本国内での各小売店舗への配送などの時間とコストが加わってしまうと、小売価格が上がるのはもちろん、私たちの手に渡ってから賞味期限までのリミットが短くなってしまいます!

 

2. アマゾン経由

モグニャンの公式販売元である潟激eィシアンは、Amazonに出品しています。

 

価格は1袋1.5キロで4,968円。通常配送の手数料は無料です。

 

そして、レティシアン以外の出品者が数件・・私が見たときの最安値は4,960円でした。

 

ここに、アマゾン購入の落とし穴が!

 

商品紹介ページにも注意書きがありますが、公式に取り扱っているのはレティシアンのみなので、それ以外の出品は転売業者の可能性が高いんです。

 

転売でも安ければいい、という方、ちょっと待って!

 

転売業者から購入した場合に、賞味期限間近の商品が届いたなどのトラブルが相次いで報告されているそうです。

 

3. 公式通販ページ

アマゾン以外で入手できる唯一の方法は、公式の通販ページからの注文です。

 

個人的にはやっぱりこれが一番安心。

 

安心の上に、実は最安値なんです!

 

公式ページで1袋だけ購入しようとすると、通常購入(単品都度購入)として申し込むことになります。

 

注文情報を登録して確認ボタンを押すと、詳細入力に進んでご注文確定ボタンをポチっと。

 

すると、「初回から10%OFFで購入できる特典付き仮予約」という案内が!

 

この特典付き仮予約とは、定期コースに仮登録することで10%割引が受けられるというものです。

 

10%割引で1袋購入すると、定価3,960円から10%引き3,564円+送料640円×消費税=4,540円

 

アマゾン購入よりも160円ほどお得になるんです!

 

ただし、この仮予約での割引を使うと、自動的に定期コースに登録されます。

 

1ヶ月に1袋送られてくる周期で登録されてしまうので、購入してみて猫ちゃんに合わなかった場合には必ずキャンセルする作業を忘れないでくださいね!!

 

また、継続して購入する場合には、まとめ買いがお得になる定期コースへの登録をおすすめします。

 

一回の購入金額によって最大で20%割引+送料無料になるので、購入の周期(最大13週間ごとまで)を長めにして一回の購入量を増やすというのがお得に購入するコツなんです!

 

1匹だけ飼っているご家庭での消費目安は1ヶ月に1袋ぐらい。

 

賞味期限は開封後3ヶ月(未開封18ヶ月)なので、3ヶ月に1回3袋購入のコースでも十分お得に購入できますね!

 

以上、モグニャンの最安値について調べた結果、公式ページからの購入が一番お得だということが分かりました!

 

モグニャンの購入を検討されている方の出費の計画に少しでも役に立ったら幸いです!

 

 

>>今すぐ100円モニターに参加したい方はこちら

 

モグニャン100円モニターは先着1,000名様。本商品を半額で買えるのは先着300名様限定となっています。ですので、早い者勝ちとなりますので申し込みは早めにどうぞ!